睡眠と光

眠れない悩みに!おすすめサプリメント
  トップページ > 

睡眠と光

の、切っても切れない関係
睡眠と光の、切っても切れない関係

人本来の体内時計である25時間と、実際の24時間を調節してくれるもっとも大きな外部刺激が「光」。
この睡眠と深い深い関係があるのです。
眠れない人も、この「睡眠と光の関係」については、ぜひとも知っておいてくださいね!!
睡眠のしくみ

眠りのスイッチは朝入る!!

体内時計を毎日調整し、リセットするのに大きな役割を果たしているのは、光。
朝起きて太陽の光が目に入ることで、体内時計がリセットされます。
いったんリセットされた体内時計は、そこから活動ができる状態に体を切り替えます。

睡眠のリズムに影響を与えるホルモンの一つに「メラトニン」というホルモンがあります。
このメラトニンは、脳の「松果体」というところで、夜の間だけつくられ、眠っている間に分泌されるものです。
メラトニンは、朝の光によって体内時計がリセットされてから、14時間〜16時間たつと分泌されて増えてきます。
このメラトニンが増えるに従って、眠くなっていく…という仕組みなのです。
つまり、眠りのスイッチは朝日を浴びた時点で入る!ということです。
逆に、朝日を浴びなければ、体内時計がリセットさせず、眠りのスイッチも正常には働かないのですね。

光を浴びるベストタイミングは

毎日同じ時間に起きて、朝日を浴びるというのが、ベストです。
体内時計の調整に最も良いとされる光のタイミングは、朝6時から8時の間。
もし、前の日に夜更かししてしまったとしても、できるだけ朝は早く起きて朝日を浴びた方が、体内時計は上手に働いてくれるのです。

関係記事はこちら
■ 体内時計って何? ■ 寝だめはできる?
「睡眠のしくみ」記事一覧
 睡眠の種類
 体内時計って何?
 睡眠と光の切っても切れない関係
 90分単位の睡眠時間がいいの?
 睡眠時間は8時間がいいの?
 睡眠中の成長ホルモン分泌って大事!
 自律神経と睡眠の深い関係
 免疫力と睡眠の深い関係
 女性と睡眠
 眠れない日が続くと
 睡眠不足だと太る理由
 寝だめはできる?

 ページの上へ戻る  前のページに戻る  トップページに戻る


トップページご利用規約運営者情報リンクについてリンク集
Copyright(c)  寝れない・眠れないあなたへ  All rights reserved.